これらは、フライトから乗り降りさせられる可能性が最も高い航空会社です

These are the airlines most likely to require passengers to disembark from their flights.

  • フロンティア航空は、2023年初めにおいて、15大アメリカ航空会社のうち最も多くの乗客を追い払いました。
  • フロンティア航空の10,000人につき、3.73人がオーバーセールのために強制的に搭乗を拒否されたとDOTは述べています。
  • アレジアント、デルタ、エンデバー、ハワイアンは、DOTによればその四半期に乗客を追い払うことはありませんでした。

フロンティア航空は、2023年初めにおいて15大アメリカ航空会社の中で、最も多くの人々をフライトから追い払う可能性が高かったです。

年初から3か月間のフロンティア航空のフライトの販売チケット10,000枚あたり、オーバーセールにより搭乗を強制的に拒否された乗客は3.73人でした。これは、国土交通省航空消費者保護局の最新の航空旅行消費者レポートによるものです。

その期間に、600万5,000人以上の乗客がフロンティア航空のフライトに搭乗し、6,395人が自発的に搭乗を拒否され、2,442人が強制的に搭乗を拒否されました。

このデータは、アメリカ国内便およびアメリカを出発する国際便をカバーしており、その他の理由で強制的に搭乗を拒否された乗客は含まれていません。

一部の航空会社は、ノーショーに備えてフライトのチケットを過剰に販売しています。航空会社が実際にフライトに参加する人数を正確に予測できない場合、一部の乗客は搭乗を拒否される必要があります。

航空会社はまず、乗客に自発的に席を譲るように求める必要があります。しばしば、無料または割引されたフライト、現金、またはバウチャーと引き換えに、乗客に席を譲るように要請します。十分なボランティアがいない場合、航空会社は一部の乗客に対して強制的に搭乗を拒否することが許されています。

フロンティア航空には次いでエンヴォイ・エアが続き、その四半期に10,000人あたり0.45人の乗客を追い払いました。フロンティア航空は、エンヴォイ・エアの約8倍の割合で乗客を追い払いました。

15大アメリカ航空会社のリストの最後には、アレジアント・エア、デルタ航空、エンデバー航空、ハワイアン航空があり、その四半期には一人の乗客も追い払われませんでした。(ATCRによる)

総じて、3か月間でレポートに記載された15社の航空会社は、1億9,200万人以上の乗客を搭乗させ、5,329人を追い払いました。これは、10,000人あたり約0.28人であり、2022年同四半期の0.44人よりもかなり低いです。

以下は、ATCRデータに基づいて、15社の航空会社が乗客を強制的に追い払う割合でランク付けされています:

  1. フロンティア航空
  2. エンヴォイ・エア
  3. スピリット航空
  4. PSA航空
  5. アメリカン航空
  6. スカイウェスト航空
  7. リパブリック航空
  8. サウスウエスト航空
  9. アラスカ航空
  10. ジェットブルー航空
  11. ユナイテッド航空
  12. ハワイアン航空、エンデバー航空、アレジアント・エア、デルタ航空

フロンティア航空は、ウェブサイト上で、過剰予約されたフライトの場合、自発的に席を譲る乗客には「代替の旅行手配」とフロンティアのバウチャーが提供されると述べています。十分なボランティアがいない場合、航空会社は通常、最後にチェックインした乗客を追い払うとしています。

「私たちの目標は、顧客が強制的に搭乗を拒否されないように、十分な数のボランティアを見つけることです」と航空会社は述べています。

フロンティア航空はATCRにおける順位についてのインサイダーからのコメントの要求には、通常の勤務時間外に行われたため、直ちに回答していません。

乗客が確定予約を持ち、チェックインし、ゲートに時間通りに到着し、再予約によって1時間以上遅れる場合、彼らは補償の対象となりますが、その額はチケットの価格と遅延時間によって異なります。