テックジョブの不況は終わりました

Tech job recession is over.

  • 2023年上半期、テック企業は30万人以上の従業員を解雇しました。
  • Bernsteinのテックアナリストは、業界全体の月次の人員削減を追跡してきました。
  • 今週、アナリストは公式に更新を終了しました。

Bernstein Researchのテックアナリストは、約1年間にわたり、業界全体の人員削減について月次の更新を投稿してきました。今週、彼らはこのデータシリーズを正式に終了しました。

月曜日の最終更新では、Trueup.ioのデータに基づいて、8月までに4,937人のテック従業員が削減されたことが示されました。もし月が同じペースで続くなら、約11,000人の解雇が予想されます。これは今年の上半期に比べて大幅に少なく、テック業界では30万人以上の雇用喪失があり、月平均約51,000人の解雇がありました。

「テックの雇用不況は終わりました」と、Bernsteinのアナリストは最近のクライアントへのメールで宣言しました。「テックの解雇は減少し、採用はいつ再加速するのでしょうか?」

テック業界全体の月次の人員削減
Bernstein Research, Trueup.io

OpenAIと生成AIブームによって、被害が限定されたことに感謝します。AIスタートアップは今年、数十億ドルを調達しており、Nvidiaから必死にGPUを購入していないときには、エンジニアや他のAI専門家の雇用に資金を使っています。

例えば、OpenAIのキャリアウェブサイトは火曜日の午後に60の求人を掲載しています。

多くの大手テック企業も解雇を停止し、一部は数ヶ月前に解雇したスタッフの再雇用を始めています。

Metaは5月に複数回の削減を行い、労働力の25%を削減しました。その後、6月以降、これらの労働者の多くが再雇用されました。

Amazonは1月に2万5千人の従業員を解雇しました。2月には、AWSの人事副社長であるIan Wilson氏が、解雇された労働者の一部を再雇用する方法を模索していると従業員に伝えていました。