「ホワイトハウスは、米国の機関に対して『積極的に』対面勤務を促す」

The White House encourages US institutions to actively promote in-person work.

ワシントン、8月5日(ANBLE)- ホワイトハウスは、来月からより多くの対面勤務への移行を「積極的に」推進するよう連邦機関に要請しており、政府サービスの提供には重要だと述べています。

ホワイトハウス首席補佐官のジェフ・ザイエンツは、金曜日のメールで、「対面勤務への復帰は、チームの幸福にとって重要であり、アメリカ人民へのより良い結果を提供することができるようになります。」と述べました。

ザイエンツは、「連邦機関はチームの対面勤務の時間を増やす実施計画を策定しています。これは大統領の優先事項であり、9月と10月にこの移行を積極的に実行するために、それぞれの責任を果たすことを期待しています。」と述べました。

彼のメールは、Axiosによって金曜日に最初に報告され、土曜日にANBLEによって確認されました。

4月には、ホワイトハウス予算管理局が連邦機関に対して職員の本部の対面勤務を「大幅に増やす」ことを目指して労働力計画を見直すよう指示しました。これはANBLEが最初に報告したメモによるものです。

バイデン大統領は4月に3年間のCOVID-19非常事態宣言を終了しました。2020年3月から多くの200万人の連邦公務員が遠隔勤務を開始しましたが、パンデミック中も約半数の公務員は対面での勤務が義務付けられていました。

政府説明責任局は7月に、2023年初頭の選択された週のレビューで、24の連邦機関のうち17機関が本部のキャパシティの平均約25%以下を使用していたと報告しました。

連邦航空局および運輸省は先月、遠隔勤務を行う政府職員が対面勤務を増やすことを期待していると発表しました。

連邦航空局は、10月9日までに従業員が週に少なくとも3日間オフィスに出勤することを期待しており、これはANBLEが最初に報告したメールによるものです。

運輸長官ピート・ブティジェッジは従業員に対して、「この省の長期的な成功を確保するために、現在よりも対面でのコミュニケーションが必要です。」と述べました。

運輸省は、2021年9月10日からは遠隔勤務従業員に対して2週間ごとに少なくとも3日間、2021年12月3日からは2週間ごとに少なくとも4日間対面での勤務を要求する予定です。

一部の共和党の議員は、連邦機関に対してより多くの公務員がオフィスに戻ることを求めています。2月には、下院は2019年のパンデミック前の遠隔勤務ポリシーを復活させるよう連邦機関に義務付ける法案を可決しました。