「コロナ製品への需要が低下する中、ファイザー社はコスト削減を検討しています」

Pfizer considering cost reduction amid declining demand for Corona products.

8月1日(ANBLE)- ファイザー(PFE.N)は、COVID-19製品の需要が今年の秋に期待を下回り続ける場合、費用削減プログラムを立ち上げると発表しました。米国の製薬会社は、ワクチンと錠剤の売上が第2四半期に落ち込んだ後、火曜日に述べました。

同社は、パンデミックのピーク時の一攫千金の後、2023年がCOVID製品の売上の低点となり、来年には成長に戻る可能性があると予想しています。

ファイザーは火曜日に、秋の季節に感染症の増加と共に、製品の政府契約から商業市場への切り替えに伴い、第2半期にCOVID収益のさらなる明確さを予期しています。

最高財務責任者(CFO)のデイビッド・デントンは、「そのため、COVID-19の収益が私たちが想定したものよりも少ない場合、企業全体でのコスト改善プログラムを立ち上げる準備ができています」と述べました。

COVID-19ワクチン「コミルナティ」の売上は第2四半期に83%減の14億9000万ドルとなりましたが、アナリストの予想の14億ドルを上回りました。

抗ウイルス治療薬「パクスロビド」の売上は第2四半期に98%減の1億4300万ドルとなり、予想の108億ドルに対して低かったです。

ファイザーは年間売上予測の上限を10億ドル減らし、700億ドルに調整しました。

同社はまた、竜巻による倉庫の被害、RSVワクチンの予想より狭い推奨、そして最近承認されたが予想よりも少ない患者人口に届くという懸念も抱えています。

一方、ファイザーは、多くの売上トップの医薬品が近く安価なジェネリック医薬品の競合に直面する準備をしており、がん治療スペシャリストSeagen(SGEN.O)への430億ドルの取引など、数十億ドルの買収を通じて対応しています。

第2四半期の総売上は12億7300万ドルに54%減少し、Refinitivの予想の132.7億ドルに届きませんでした。

項目を除外した場合、ファイザーの利益は1株あたり67セントで、アナリストの予想は57セントでした。

同社の株価は早期取引でわずかに35.9ドルに下落しました。

(この記事は、第1パラグラフでCOVID製品の売上が第2四半期に落ち込んだと訂正されました)