「ChatGPTで働いたコンテンツモデレーターは、過激なコンテンツをレビューすることでトラウマを抱えていると述べています『それは私を完全に壊しました』と言います」

ChatGPTのコンテンツモデレーターは、過激なコンテンツのレビューでトラウマを抱えていると述べています

  • ChatGPTのコンテンツを審査したモデレーターは、不快なテキストを読まされたと述べています。
  • The Guardianによると、元サマ社員の1人は、1日に最大で700のテキストを読むことがよくあったと語りました。
  • コンテンツには、暴力、性的虐待、または獣姦の描写が頻繁に含まれていたとのことです。

OpenAIのChatGPTのコンテンツを審査したケニアのモデレーターは、The Guardianによる新しい報告書で、グラフィックなテキストのパッセージを読まされ、報酬が低く、精神的なサポートも限られていたと述べています。

これらのモデレーターは、OpenAIと契約を結んでいたカリフォルニアのデータ注釈会社であるサマによって雇用されており、GoogleやMicrosoftにもデータラベリングサービスを提供していました。サマは2022年2月にOpenAIとのパートナーシップを終了しました。Timeによると、カリフォルニアの会社は、AIトレーニングのために潜在的に違法なコンテンツとの作業に懸念を抱いたため、OpenAIとの関係を断ったと報じられています。

OpenAIのコンテンツを審査する一人のモデレーター、モファット・オキニは、The Guardianに対して、よく700のテキストのパッセージを読んでいたと述べました。彼は、これらのパッセージの多くが性的暴力を中心としており、この仕事が周囲の人々に対して偏執的になり、最終的には彼の精神的健康と家族との関係に損害を与える原因となったと述べました。

もう1人の元モデレーター、アレックス・カイルは、仕事で見たものが彼を完全に「破壊」したと報道機関に語りました。彼は内向的になり、妻との身体的な関係が悪化したと述べました。

OpenAIとサマの代表は、Insiderからのコメント依頼に直ちに応答しませんでした。OpenAIはThe Guardianに声明を提供しませんでした。

これらのモデレーターは、審査対象のコンテンツがしばしば暴力的なシーン、児童虐待、獣姦、殺人、性的虐待を描写していたと述べています。サマの広報担当者によると、これらの作業に対して労働者は時給1.46ドルから3.74ドルの間で支払われていました。以前の報道によると、OpenAIのコンテンツを審査するためにデータラベラーは時給2ドル未満の報酬しか受け取っていませんでした。

今、4人のモデレーターは、OpenAIとサマの契約中の労働条件についてケニア政府に調査を求めています。

モデレーターたちは、自分たちがしていた仕事に対して適切な精神的なサポートを受けていなかったと主張しています。サマはこの主張を否定しています。同社はThe Guardianに対して、労働者が24時間365日の基準でセラピストにアクセスでき、その他の医療給付も受けていたと述べました。

「公正かつ公正な雇用を求める人々とは合意しており、それは私たちのミッションと一致していると考えています」とサマの広報担当者は報道機関に語り、「この領域で制定される可能性のあるいかなる法律または要件にも既に準拠していると信じています」と付け加えました。