インフレデータ発表前にウォールストリートの先物が上昇、チップ株が上昇

ウォールストリートの先物とチップ株がインフレデータ発表前に上昇

7月28日(ANBLE)- 翌金曜日、米国の株価指数先物は上昇し、連邦準備制度理事会(FRB)の利上げの可能性に関するシグナルと一流のテクノロジー企業からの決算報告書が混在した週を通じてウォール街を上昇させました。

インテル(INTC.O)が予期せぬ四半期利益を発表したことで、半導体株はプレマーケット取引で急騰し、日本の金融政策の微調整に続いて世界の株式市場が緩和しました。投資家はまた、日本のインフレ指標を注視しています。

前のセッションで、長期金利が上昇するというニュースがあり、米国財務省債券利回りに圧力をかけ、ダウは1987年以来の最長の連勝記録を途切れさせました。

金融市場では、日本銀行が収益率カーブコントロール政策を柔軟にし、長期金利上限を緩和するなど、大規模な金融緩和策からの移行の前兆とされる動きが投資家によって受け止められました。

Equiti CapitalのマクロANBLEであるスチュアート・コールは、「最も大きな影響を期待するのは、債券市場においてであり、これにより日本の投資家が国内に資金を還流させるために米国国債を売却することになるでしょう」と述べています。

「これは実質的に世界的に利回り上昇圧力が生じることを意味し、株式にとっては良いニュースではありません。」

米国10年債利回りは下落しましたが、前のセッションで4%の水準に近づいていました。

半導体メーカーのインテル(INTC.O)の業績および予測は、改善されているパソコン市場を示し、プレマーケット取引で株価を7.1%上昇させました。

Nvidia(NVDA.O)、Micron Technology(MU.O)、Marvell Technology(MRVL.O)もそれぞれ1%以上上昇しました。

経済面では、FRBの優先するインフレ測定基準である個人消費支出(PCE)物価指数の6月の数字が後で発表されます。ANBLEが調査した予測では、6月までの12か月間でコアPCE物価指数は4.2%上昇したと予想されています。

3つの主要な米国指数は、ビッグテックの業績、FRBの金融政策の引き締めが終わりつつあり、世界最大の経済がソフトランディングを迎えているという期待を受けて、週をわずかに上昇で終える見通しです。

米国時間午前6時58分、ダウ先物は65ポイント、または0.18%上昇し、S&P 500先物は17.75ポイント、または0.39%上昇し、ナスダック100先物は124ポイント、または0.8%上昇しました。

フォードモーター(F.N)は、最高経営責任者のジム・ファーリーが自動車メーカーの製品戦略を変更し、損失を出している電気自動車(EV)の増産を遅らせ、商用車部門への投資をシフトし、次の5年間でガソリン電気ハイブリッド車の販売を4倍に増やす計画を発表した後、1.0%下落しました。

石油大手のエクソン・モービル(XOM.N)は四半期利益が56%減少したと発表した後、0.9%下落し、同業のシェブロン(CVX.N)は年間生産予測が以前の予想範囲の下限に近いと発表した後、2.4%下落しました。

First Solar(FSLR.O)は、第2四半期の業績が予想を上回り、同社が米国第5工場に最大11億ドルを投資する計画を発表したことで、10.8%上昇しました。

ソーラーインバータメーカーのEnphase Energy(ENPH.O)は、第3四半期の売上予測が期待に届かなかったため、15.8%下落し、消費者巨大企業のProcter & Gamble(PG.N)は四半期の売上高がアナリストの予想を上回ったことで1.6%上昇しました。